環・次郎米

環・次郎米

環・次郎米は化学物質を出来る限り使用しないで栽培しています。
100%有機肥料(ボカシ)でまかない、除草剤を各1回以内の使用に限定。

お米を買う

認証 農薬1/2以内・肥料不使用(秋田県特別栽培農産物認証)
除草・害虫対策 除草剤を1~2回以内使用。
殺虫、殺菌剤を各1回使用。
除草剤使用後の除草対策は手押し除草機、人間。
収穫量 慣行(普通)栽培の7~8割

※自然との調和する米作りは、化学物質を出来る限り使用しない米作りであり、苛酷な農薬散布作業から人間を解放する米作りです。命の糧となる食糧を生産する農業こそ、環境保全にこだわるべきだと考えます。

地域・慣行(普通)栽培との比較
  なるほど舎・環次郎米
(農薬1/2以内・肥料不使用栽培)
慣行(普通)栽培
有機質肥料使用割合 100% 0~10%
除草剤・使用回数 1~2回以内 2~3回
殺虫剤 1回以内 2~3回
殺菌剤 1回以内 3~5回
生育抑制剤 0~1回
なるほど舎・水稲栽培基準
種別 減農薬・無化学肥料栽培米
舎・ブランド名 環・次郎米
栽培形態 除草剤1~2回使用のみの栽培で、肥料は全量有機由来の肥料を使用
舎・格付け
栽培経過年数 制限は設けないが可能な限り同一水田での継続
認証
水田の表示
秋田県特別栽培農産物認証制度(県認証)
県認証の指定する形式(B4サイズ看板)
計画/記録 栽培計画書、記録書の提出(舎指定様式)
【育苗期】
種籾 毎年原種を使用する
購入種子の場合は無消毒の種籾
塩水選 比重1.13(温湯処理なしの場合1.17)
種子消毒 温湯消毒 60℃ 10分
もしくは、無消毒
床土 有機肥料を使用、薬剤は一切禁止
播種時 農薬使用禁止
播種量 中苗 苗箱1枚/催芽籾100gまで
稚苗 苗箱1枚/催芽籾130gまで 
育苗形態 基本的にハウス無使用のプール育苗を推奨
育苗管理 1.5葉で被覆資材除去後は湛水のみ(プール育苗の場合)
苗追肥 必要を認めたとき有機肥料施用
【本田】
植え付株数 株当たり/60株以内推奨
植え付本数 株当たり/2~6本以内を推奨
肥料/元肥 全量有機肥料、耕起前全面散布
除草 除草剤1~2回以内の使用
肥料/中間追肥 必要を認めた時、有機肥料による補正
化学肥料を含有する肥料の使用は一切不可
病害虫防除 耕種法、物理的手法による手法のみを容認する
航空散布 航空散布地区外(必要緩衝地帯の確保)
肥料/穂肥 生育状況に応じ、穂形成・充実のため必要と認めたとき、有機肥料を使用。
化成肥料の使用は禁止
着色粒(かめ虫など)対策 畦草刈り(出穂10~20日前まで)の徹底
刈取、乾燥、調整 遠赤外線乾燥機による低温二段乾燥
過乾燥には特に注意 目標水分15±0.5%

商品一覧

  • 太郎米
  • 環・次郎米
  • 次郎米
  • 三郎米

お米を買う

お知らせ

close
facebook